● ブライダルモデルってどんな仕事?

● 憧れを表現するブライダルモデルの仕事 ブライダルモデルとは、模擬結婚式や模擬披露宴、式場の広告写真、
ドレスのカタログ写真の撮影などにおいて、新郎新婦の役を務める男女のモデルです。
多くのホテルや結婚式場では、年間を通じてブライダルフェアを開催していますが、
そうした催しに欠かせないのが新郎役、新婦役の存在でしょう。
結婚を間近に控えたカップルが式場を決めるとき、本番同様にプロによるヘアメークを施し、
華やかな衣装を身につけた新郎新婦役のモデルが式次第のデモンストレーションを行うことで、
実際のシーンがよりイメージしやすくなります。
訪れたカップルが「私たちの式もぜひここで挙げたい!」と決断してくれるよう、
新郎新婦が放つ幸せのオーラを表現することが、ブライダルモデルの重要な役割と言うことができるのです。

● ブライダルショーやドレスショーで夢のドレス着用 ブライダルモデルは他に、ブライダルショーやドレスショーにおいて、新作ウェディングドレスやカラードレス、
カクテルドレスなどを着る仕事もたくさんあります。
ドレスに合わせてプロがヘアメークを担当するショーモデルは、普通では得られない貴重な経験を積む機会になります。
また、プロのフォトグラファーによるブライダル雑誌のスチール写真撮影も、ブライダルモデルの活躍の場です。
ブライダルショーやドレスショーがきっかけとなって、ファッションショーのモデル業を始めたり、
CM出演などへと仕事の幅を広げる人もいるように、
ブライダルモデルはその道を志す人がチャレンジしてみたくなる魅力がいっぱいです。

● ブライダルモデルに求められるプロ意識 ブライダルモデルとして幸せな花嫁を演出するためには、気をつけなくてはならないことがいくつかあります。
花嫁には清楚なイメージが求められるため、明るい髪色よりは黒い髪色が好まれる傾向が強いようです。
また、ドレスは両肩の出るベアショルダーや背中が大きく開いたタイプが多いため、
デコルテや腕に日焼けがないこと、さらにタトゥーを入れていないことも、
選考時に重視される条件になっています。
着慣れないウェディングドレスの下に厚底のハイヒールで優雅に歩くことは、
プロのモデルであっても非常に難しいことなので、
常に輝くような笑顔と美しい仕草については、トレーニングでしっかり身につけましょう。
もちろん、体調やお肌のコンディションを常に整えておくことは、モデルであれば当然の心がけです。