● ビューティケアとメンテナンスで差がつくブライダルモデル

● ブライダルモデルが意識すべきこと ブライダルモデルは、花嫁さんの姿でステージに立ち、写真に収まったりする仕事です。
実際の仕事内容はいろいろですが、特に多いのは新作ウェディングドレスを着用し、
広報宣伝をすることです。
結婚式場のサイトに登場することもあれば、ドレスメーカーや、
ブライダル用品メーカーのサイトに写真が掲載されることもあるでしょう。
結婚式の流れを説明する配信動画やムービーにも登場することがあるブライダルモデルは、
やはり第一印象としての見た目の美しさはとても重要です。
そのため、常日頃からビューティケアを怠らず、小さな生活習慣にも気を配る必要があります。
ブライダル専門のモデルの場合は、毎日のスキンケアやボディケア、食生活などにこだわるのはもちろん、
筋肉のつきかたや形にまでこだわっている人は少なくありません。
ウェディングドレス姿が少しでも美しく見えるように工夫を凝らし、
理想の体型を維持するためのトレーニングと体重管理を欠かしません。
また、身体に傷やアザ、湿疹などができないように、細心の注意を払って生活している人もいます。
ビューティケアやメンテナンスは、ブライダルモデルにとって本当に大事なものなのです。

● 日焼けはブライダルモデルの大敵! ウェディングドレスは、日焼けした黒い肌よりも、透明感のある白い肌の方が映えるイメージがあります。
そのため、仕事でウェディングドレスを着ることが多いブライダルモデルは、年間を通じて日焼け対策に余念がありません。
特にドレスから肌が露出する部分には敏感で、日焼けのみならずニキビや虫刺されなどにも注意していると言います。
そもそも本物の花嫁さんは、一生に一度の晴れの舞台で輝くために、最大限の努力をして臨むもの。
そんな花嫁を演じるブライダルモデルは、最高の状態を常にキープしておくことも大事な仕事と言えます。
ムダ毛の処理や管理のために、定期的に脱毛サロンに通うなどは常識ですが、
エステティックサロンでも施術をまめに受けて、
いつ誰にどこから見られても恥ずかしくない肌づくりと、最上のコンディションの維持に努める姿勢からは、
ブライダルモデルとしてのプロ意識の高さが見てとれます。
実際、少しでも気を抜くと、とたんに「残念な花嫁さん」という写真になるのがブライダルモデルのつらいところ。
全ての花嫁さんに夢と希望を与えるためには、
万全なビューティケアでいつまでも輝く存在であり続ける努力が物を言うのです。